ビザ・帰化申請専門事務所@神戸

行政書士清水真一事務所

〒650-0025 兵庫県神戸市中央区相生町4丁目2番28号 神戸駅前千代田ビル6F

お電話でのお問い合わせはこちら
078-371-5260
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問い合わせは24時間お気軽に!

ホテル業での就労ビザ

フロント業務は単純労働とみなされやすい

外国人観光客が年々増加している現在においてホテルでの外国人雇用のニーズも高まってきています。

しかし、このホテル業においても、ホテルのフロントにおける業務は、接客としての単純労働とみなされ許可がされにくい側面があります。

大学や専門学校で観光学等を学び専門士の称号を得た者を雇用したい場合ですが、外国人客の利用があるホテルにおいて、ホテルマンとして外国人客の案内、通訳業務等「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を取得できるところが、実務上の許可の限界点と言われています。

前述したようにホテルのフロント業務のみでは単純労働とみなされやすく、規模の小さいホテルのフロント業務ではまず不許可でしょう。規模が大きい一流ホテルで、外国人客の利用が多いホテルであれば、通訳業務や外国人客の新規開拓業務等に従事するものとして許可される可能性があるというレベルでの慎重な考えをもって対応するべきでしょう。

ホテル業での就労ビザ取得のポイント

いずれにしても、ホテル業での就労ビザ取得に関しては、

  • ホテルの規模の大きさ
  • 知名度の高さ
  • 外国人客の利用者数の多さ
  • 外国人客に対するフロント業務の重要性
  • 外国人客の新規開拓の必要性
  • これらの業務に携わる申請人が有しているスキル

 等を具体的に立証することが必要になってきます。

法務省入国管理局が平成27年12月に策定した、以下「ホテル・旅館等において外国人が就労する場合の在留資格の明確化について」には許可・不許可事例が記載されていますので非常に参考になります。

無料相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせは、電話またはフォームにて受け付けております。

営業時間外、定休日でもお電話であれば夜21時まで受け付けています。

メールでのお問い合わせは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。初回無料相談につきましては、対面での相談に加え、オンラインでの相談にも対応させていただいております。お気軽にご利用ください。

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

事前のご予約で土日祝、夜間も対応可能です。

お電話でのお問い合わせはこちら

078-371-5260
078-371-5261

インフォメーション

お問い合わせ・ご相談
078-371-5260
078-371-5261

お問い合わせはお電話・メールで受け付けています。
事前のご予約で土日祝、夜間も対応可能です。
メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

9:00~18:00

定休日

土曜日・日曜日・祝日
事前のご予約で土日祝、夜間も対応可能です。

アクセス

〒650-0025
兵庫県神戸市中央区相生町4丁目2番28号

神戸駅前千代田ビル6F

JR神戸駅 ビエラ神戸口より徒歩2分
阪急・阪神・山陽電鉄 高速神戸駅より徒歩5分

行政書士清水真一事務所は「西宮ストークス」のサポートカンパニーです。